読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー

ライフハック

U-NOTEに「7つの習慣」についてよくまとまった記事があったので、引用させていただく。

第一の習慣:主体性を発揮する

第二の習慣:目的を持って始める

第三の習慣:重要事項を優先する

第四の習慣:Win-Winを考える

第五の習慣:理解してから理解される

第六の習慣:相乗効果を発揮する

第七の習慣:刃を砥ぐ

【成功哲学】3分で分かる「7つの習慣」 | U-NOTE【ユーノート】

各項目詳細は以下のような内容になります。

第一の習慣:主体性を発揮する

主体性を発揮するとは、何かの事象に対して「自分自身の反応を選択できる」ということです。例えば会社で上司に怒られた際に、怒って上司の影で悪口を言うことも出来れば、感謝して、悪かった部分を分析して次に活かすように工夫するということも出来ます。自分の反応を主体的にコントロールし、周囲に影響を受けること無く、進んで自らの周囲に良い影響を与えるために行動を起こすことが大切です。

第二の習慣:目的を持って始める

自分の人生の最後に何を残し、そのために自分自身をどう作り上げたいかを決めることが大切です。つまりは目的を持つことです。自分自身の行動の指針となる価値観や原則を文章化しましょう。本書では「ミッション・ステートメント」と呼んでいます。そのミッション・ステートメントに則って、あらゆる行動を決めるのです。

第三の習慣:重要事項を優先する

目的が決まれば、それをどのように実現するかが重要となります。そのためには重要事項を優先するという習慣が大切になります。

第四の習慣:Win-Winを考える

大きな目的を果たすために何かの行動をする際には、自分一人で完結するものは稀です。

第五の習慣:理解してから理解される

Win-Winの関係を構築するためには、相手をしっかりと理解して相手の立場になって行動やそこから導かれる結果を評価することが大切です。そのためには、自分のことを理解してもらおうと努める前に、自分が相手を理解しようと努める習慣を身に付けましょう。そのために最も効果的な方法は、相手の立場を上手く説明出来るように訓練することです。

第六の習慣:相乗効果を発揮する

相乗効果を発揮するとは、協力したことによって「全体の合計が各部分の和よりも大きくなること」と本書では表現されています。

第七の習慣:刃を砥ぐ

第七の習慣として、自分自身の4つの側面を磨くことを説いています。

1. 肉体

2. 精神

3. 知性

4. 社会・情緒

肉体は、バランスの良い食事と適度な運動を行うことによって健康状態を保つことです。

精神とは、穏やかで明朗な精神状態を維持することです。

知性とは、インプットとしての良質な読書と、それを発揮するアウトプットを通じて自らの知的側面を磨くことです。

社会・情緒とは、社会生活において、健やかな人間関係を築くことで、情緒的な安定を維持することです。