読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか? 戸塚隆将

ビジネス

著者は上記3つの組織で働いた経験持ち、その経験談をベースに本書は書かれています。論理構成がしっかりしており、どの章も説得力あるものでした。

ゴールドマン、マッキンゼー、ハーバードの人間に共通する”基本”は大きく4点あるそうです。個人的に気になったところだけを紹介します。

人との「つながり」を大切にする

  • 利害関係を超えたつながりを信じること
  • 直感、運命、カルマ、なんであれ信じること
  •  人間関係は人の名前を覚えることから
  •  HBS(ハーバードビジネススクール)の教授は生徒の名前を覚えることに膨大な時間を費やす
  • 自分から本気で相手に興味を示す

「自分磨き」を一生継続する

  • 心の余裕を常に保つための「After you」精神
  • 「正解のない問題」を考える癖をつける
  • マッキンゼーの人間は本を読んだ3倍時間、その内容について考える
  • 「世間の反応」を考えながらニュースを読み、マーケットセンスを磨く
  • 斬新な「思いつき」より「骨太な意見」を重視する
  • 自分なりの「骨太な意見」を持つためには、それを支える論理力が不可欠
  • 世界中にありふれた意見であっても、その結論をバックアップする根拠があれば貴重な意見になる
  • 論理力をアップさせる「So what ?」、「Why so ?」、そして「ペン」と「紙切れ」
  • 健康管理として、1.十分な睡眠、2.朝食を食べる、3.手洗い、うがい、4.予防接種、定期健康診断
  • 服装は個性よりも清潔感を重視する、ゴールマンとマッキンゼーの社員
  • ズボンのプレスは綺麗についているか、靴のカカトは磨り減っていないか
  • 10分前には現地到着
  • ワークライフバランスは考えなければダメ

「日々の成果出し」に強くこだわる

  • 作った資料は「自分の商品」であることを心得る
  • マッキンゼーは資料に1色しか使わない。見た目より中身にこだわる
  • 「What (相手は誰か)」、「Why(会議の目的は何か)」、「What (何を伝えるか)」をベースに資料を作る
  • 「Attention to detail」。どれだけ集中力を高め、クオリティの高いアウトプットを生み出そうと高い意識を持っているか
  • 会議で発言しないのは「欠席」と同じ。1.会議の準備をしっかりする、2. 自分なりの貢献を考える
  • 会議では「議論の本質を捉える力」と「視覚的に表現する能力」が試される

「世界的な視野」を常に意識する

TOEIC900点は期間を決めて、短期間で取得する。サムスン電子は入社に900点、課長職に昇格するのに920点必要。

Amazon.co.jp: 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?: 戸塚隆将, 208: 本