バナナとセロトニンのお話

f:id:sunrise683:20121215224739j:plain

photo credit: Pedro Vezini via photopin cc

 

かつてバナナは高級食材として

なかなか手に入れることの出来ないものだったそうですが、
最近はスーパーで95円で売られていたり、
コンビニでも売られています。
 
そんなバナナにはセロトニンという成分が多く含まれます。
このセロトニンという成分は体内で心のバランスを
整える働きをするそうです。
 
僕はデスクワークが多い仕事で、
朝から晩までモニターを見続けることは毎日です。
そして、疲労が蓄積した時には決まって目の裏辺りが痛くなります。
この症状は緑内障の方などに見られれるそうですが、
私の場合、たぶん近くばかり見つめているからだと思います。
事実、寝ると翌日には治っているので。
 
そんな疲れた時には、
バナナと牛乳(これもセロトニンが多く含まれるそうです)を
摂るようにしています。
実際意識して摂るようにしてみた感じでは、
確かに疲れが取れると同時にヤル気が湧いてくる感じがあります。
 
気のせいかもしれませんが(笑)、
安価なものですし、「甘いモノが食べたいな」と感じた時には
丁度いいんじゃないかと思います。
よく「便通が良くなる」、「バナナダイエット」とかいいますしね。
 
さて、今日もバナナ買いに行ってきます。