読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と研究の違い(サラリーマンと理系大学院生の違い)

1. 研究は深く考えることが重要であるが、仕事は深く考えすぎるべきではない。

研究はまず頭の中でいろいろなことを模索し、そのイメージを論理的にどこまで現実的に出来るかが問われる。

一方で、仕事は深く考えすぎるとやっていられないことが多い。仕事は研究よりも人が関わる要素が多く、考えても意外な結果として終わったり、答えがそもそもないことも多い。

 

2. 仕事は朝方の方が特をすることが多い。

仕事は朝にやってくることがおおく、そこでいかに早く対応できるかが問われることが多い。朝に頭が活発に動いている時間が多い方が仕事を効率よくこなせると思う。研究は結果が出るなら夜中にやってもいいいけどね。

 

3. 仕事は質よりも早さが問われる。

仕事はみんなでこなすもの。仕事に関していえば、自分だけで100%の回答を出すのは不可能。それよりも自分の意見を早くだし、そこに他人の意見、レビューを重ねることが大切。

 

共通点としては「他人と比べないこと」ですかね。これほど無意味なことは無い。