読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストなスーツの手入れ方法

f:id:sunrise683:20120520160441j:plain

 

今年も梅雨の時期が近づいてきました。雨の日は涼しい反面、スーツがすぐにヨレヨレになってしまい、見た目も悪いし、なんだか心もどんよりします。
また、そんなスーツをすぐにクリーニングに出すもいいですが、経済的にも高くつくし、スーツはすぐにテカテカになってしまいます。
クリーニング代、スーツの消耗性を考えると、やはり自宅での手入れ方法を考える必要がありました。
色々調べてみたところ、霧吹き後に乾燥させるのがベストでした。
スーツの繊維はもともと熱を加えるとピシっと伸びる性質がある為、水分補給後熱を加えてやると良いみたいです。
ちなみに高温過ぎると繊維が破壊されてしまうそうです。

1. 毛ブラシをスーツの生地目に沿ってかける。
2. 霧吹きを軽く全体にかける。
3. 風通しの良いとことで乾燥させる。
4. 十分に乾いたら、ローラーをかけて小さなホコリ、糸くずを取る。

僕の場合は霧吹き後、自宅のユニットバスの乾燥機能を使っています。
1時間くらいで十分乾燥しますが、5時間ほど乾燥させるとスーツのシワがより一層とれている気がします。
また、肘などにテカリがある場合はアンモニア水やお酢で湿らせた布で叩いてやると、テカリが緩和するそうです。