読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NATとブリッジの違い

Network

VMwareを使っていると、いつもネットワークアダプタの種類に翻弄されます(VM->設定->ネットワークアダプタ)。もういちいち調べるのは面倒なので覚書。

NAT(Network Address Translation)は仮想のルーターを介して外部に接続するので、仮想マシンと物理マシンは同じIPアドレスで外に出ます。

ブリッジは仮想のハブを介して外部に接続するので、仮想マシンと物理マシンは異なるIPアドレスで外に出ます。

以上のことからNATの場合には外部マシンから仮想マシンに接続できない一方で、ブリッジの場合には接続可能となる。ちなみにNATモードで外部マシンから仮想マシンにアクセスするには、Nat接続でport fowardを設定すれば良い。