読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS5.3のキーボード設定

普通は以下のGNOME端末からファイルを編集し、Japanese106にすれば良いと思ったのですが…

$ vi /etc/sysconfig/keyboard

どうやら駄目なようです。X11の設定を変える必要があるみたいです。

というわけでGNOME端末を使わずにrootでログインし、/etc/X11/xorg.conf

Section "InputDevice"
	Identifier  "VMware Keyboard"
	Driver      "kbd"
	Option	    "XkbModel" "pc106"
	Option	    "XkbLayout" "jp"

のように書き換えて再起動すると、見事日本語キーボードになりました。