読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VMware player3.0.1にCentOS5.3を導入

CentOS

これまでVMware playerにUbuntuを入れたり、UbuntuVistaデュアルブートをしました。今回はLinuxサーバーの勉強をするためにCentOSVMware playerに入れてみました。

まずはCentOS5.3のイメージを 任意のサイトからダウンロードし、起動しました。これから初期設定をしていきます。

  • ビープ音が気になったので、/etc/inputrcを編集し(beepコメントアウトの行を有効)、ビープ音をオフにしました。
  • vmware toolを入れました。vmware playerのボトムアップに出てくるtoolのインストールをクリックして、ルートで以下の操作です。
$ mount /dev/cdrom /mnt
$ cp /mnt 任意のフォルダ
$ ./vmware-config-tools.pl
再起動
$ vmware-toolbox 

起動すると良いことばかりです。画面サイズの最適化、マウスポインターの移動が楽になり、ホストとゲストのファイル移動がドラッグ&ドロップで可能になります。というわけでこんな感じです。