読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tarコマンドのまとめ

Linux

 Linux上でバックアップ等のためファイルの圧縮、解凍を行うことは多いです。しかし、いざそうしたコマンドを使うとき、忘れてしまい困ることがあるのでまとめておきます。
 以下は、アーカイブコマンドとして代表的なGNUのtarコマンドのオプションと、使い方です。ちなみにtarコマンドは「ファイルのアーカイブ化」を行うものです。gzipコマンドの「圧縮」とは意味合いが異なります。前者は複数のファイルを一つにまとめ、後者はアルゴリズムに従いファイルを小さくする働きがあります。
c: create アーカイブの作成。
x: extract アーカイブの抽出。
z: gzip形式に対応。
v: verbose(冗長な)ファイルのリストを表示する。
f: 作成・抽出するファイルを選択する(デフォルトは/dev/rmt0)。
以上のオプションから、圧縮は

$ tar cvfz hoge.tar.gz hoge

解凍は

$ tar xvfz hoge.tar.gz

また、GNUのtarコマンドがない場合、その他の拡張形式を利用する場合には以下参照。
http://bit.ly/54Wor6