読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fastfingaからtwitterへの投稿

 最近、Webクリップは前にも記した通りRead it laterへと登録し、それをipod touchでみるという方法が一番しっくり来ています。場合によってはEvernoteへ行かない事も度々あります。Evernoteへと残すのはプログラミングのtipsや自分の考えたことが多いです。つまり、具体的で、直接的なことの方がEvernoteへと残す方が僕の場合良いようです。
 また、Evernoteへと残す自分の考えはかなりまとまったものが多いです。そして、Evernoteへと残すのはPC経由が多いです。つまり、ipod touchでは見ることが多く、文字を打つことは現実的にあまりできません。
 これまではWebクリップをどう整理するかを考えてきました。しかし、今回は自分の考えをどうまとめるかについて考えたいと思います。最近、多く利用しているのはipod touch アプリのfastfingaです。これは文字を打つのではなく、描くことはできるアプリです、安かったので買ってしまいました。購入してから気がついたのですが、fastfingaからEvernote, twitterへと投稿できる機能が実に便利です。
 電車の中で気がついたことをfastfingaで素早くメモし、家に持ち帰ってtwitterへと投稿するのです。コツはできるだけ一枚に収めておくということです。アップされた画像はtwitpicでみることができます。さらに、twilogという機能を使えば、自分のつぶやきだけを検索できます。つまり、後日見直すことができるのです。このことを知ってからというものtwitterを使う機会が増えました。
 また、気になったweb記事も最後はtwitterに落としておくことで、twilogを使った検索が可能です。Read it later へ落としても良いのですが、Read it laterは読むべき記事を置いておくだけにした方が綺麗に整理できるような気がします。また、Web記事をtwitetrへと落とすのにはfirefoxよりchromeを使った方が、充実したアドオン揃っています。僕は twitter share がお気に入りです。
https://chrome.google.com/extensions/detail/jplfnogojekfahpmkmmagpmhjlaeabab
firefoxのアドオンはolder version が多く、あまり良いのが見つけられませんでした。
 そんなわけで以下のフローができました。

fastfinga -> twitter(twitpic, twitterlog) -> Evernote, hatena diary