読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Instanpaperより Read it later.

Application

先週Evernoteのノートを編集してから、情報の整理法に手を加えてみました。これまではWeb上の気になって記事を全てEvernoteへとクリップしていました。しかし、この方法では何も自分で考えず、ただ記事をクリップすることに労力を費やしていました。そして、結果としてEvernoteには膨大なWebの記事が溜まって収拾がつかなくなっていました。

そこで原則的にWeb上の記事はRead it laterへと入れ込むことにしました。今のWebネタの流れは以下のようになっています。<すでにRSS フィードを取得しているもの>

  1. Google readerによりRSSを取得(選別.1)
  2. Read it laterへ追加(選別.2)
  3. 気になる記事をtwitterでつぶやく(選別.3)
  4. はてなダイアリーに記事として書く(選別.4)

<調べ物をした時に見つけたサイト>

  1. Evernoteにクリップするか、Twitterへと登録
  2. ipod touchで見たい時にはRead it laterへと登録
  3. 最終的にはEvernoteへとまとめる。バックアップはtwitterを返して行う。

現状ではRead it laterのバックアップが取りづらいので、始めにTwitterへと投げるのがコツ。

実はtwitterに投稿というプロセスはかなり重要です。twitterに投稿することで始めて自分にとってのインプットとなります。そして、アウトプットははてなダイアリーに書くところで完結されます。

Evernote の主要目的を少し変え、「自分の考え、思ったことを率直に書く」ことにしました。「自分の考え」のフローはこんな感じでしょうか。ただし、まだ実行していません。

  1. twitter でつぶやく(単語)
  2. Evernoteで文書を作成(センテンス)
  3. はてなダイアリーで記事とする(記事)

ここでもtwitterでつぶやくことがインプットとなり、はてなダイアリーで記事とするでアウトプットが生まれます。