読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーコードをスキャンして本を登録できる「ビブリア」が良い !!

photo credit: lol school via photopin (license)iPhoneに入れておくと地味に便利なアプリについてのご紹介。個人的にハマっているiPhoneアプリが「ビブリア」という読書管理アプリ。

文庫本どれを読もうと思った時に参考になる情報

photo credit: Fons bibliogràfic d'economia via photopin (license)会社の帰りの電車の中で本を読むことは、 自分にとって精神衛生上重要だったりします。 仕事を忘れるためのスイッチ?みたいな感じです。ここ何年かは東野圭吾を呼んだりしていました。 …

書籍:SEの基本

現場を意識した本というよりは、IT業界やSEとして働く人にとっての辞書的な本。 内容は理論が淡々と説明されており、普段読むというよりも試験勉強などに分からない用語が出たときに調べる本として使用したほうが良いと思う。 確かに内容的には基本的で教科…

書籍:SEのための「どこでもやれる力」のつけ方

SEのための「どこでもやれる力」のつけ方を読んだときのメモ書き。 本書の構成は経験年数別に"新人SE"、"中堅SE"、"ベテランSE"で見つけておきたい項目が章毎に書かれています。 それに従いまずは新人SEが身に付けておきたい項目をピックアップします。 「自…

書籍:脳が冴える15の習慣 記憶・集中力・思考力を高める

脳を活性化する方法が書かれたいわゆるHow-to本です。各章で要点が短文で纏められていて、素晴らしいプレゼンを見ているような感覚になる本でした。 <集中力を高める> ■ 「試験を受けている状態」を一日に何回つくるか 集中力や頭の回転の速さは、それ自体…

書籍:引き寄せの法則

ちょっと宗教めいているといえば、まーそうなんですが、割りと人気を博している本なので読んでみました。 読んでみた結果の率直な感想ですが、「うん、それほど宗教めいていない」です(確かに公共の場で堂々と読むのはちょっと気が引けますが)。 内容的に…

書籍:消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし

"社会保障と税の一体改革"という旗印の下、消費税を10パーセントに上げる法案が民主、自民、公明3党多数により衆議院を通過しました。 なんか最近住民税も高いし、所得税も高い。ちまたでは「逃げ切り世代」という言葉も飛び交いながら、少子高齢化社会まっ…

書籍 : SEの教科書【完全版】

技評SE選書の深沢隆司さん著の「SEの教科書【完全版】」を読みました。 著者はコンサルタントとしてもご活躍なようで、文章も非常に読みやすく、内容も実践的経験を生かして書かれていると感じました。 自分が気になったポイントを書いておきます。 ・ 円滑…

書籍 : デフレの正体

藻谷浩介著、角川書店「デフレの正体」を読みましたので、簡単にご紹介します。 各省庁等から公開されている具体的データを引用して、客観的かつポジティブな内容でした。印象に残ったところを少し挙げさせてもらいます。 ・ 現在の日本の長期的な不況は人…

書籍:競争と公平感

中央公論新社から出版されている「競争と公平感」を読んでみました。昨今の格差問題にフォーカスを当て、市場主義のメリット、デメリットが分かりやすく説明されていました。また、脳科学と経済を結びつけたり、色々な視点から経済を見ているところが面白か…

書籍:いちばんやさしいネットワークの本

技術評論社から出版されている「いちばんやさしいネットワークの本」を読みました。著者の豊富な実務経験が書かれた良い本でした。初心者向けの内容ではありますが、ネットワークの基本的な捉え方、考え方が提供されているため、ネットワークを知っている方…