2010-06-24から1日間の記事一覧

vmware player上のcentOSの時間を合わせる

頑張ってntpdateで時間を合わせようとしたら、どうやらタイムゾーン自体が違っていた模様。 ってなワケで、 [root@localhost]# system-config-dateで無事合いました。今度cronとか使って時間を合わせるスクリプト作ります。

Sambaのインストール

VMware playerの仮想マシンcentOSにファイルサーバとしての昨日を持たせるためSambaをインストールしてみました。今回はファイルサーバ機能を使うのですが、Sambaには他にもUnix OS系にプリントサーバ機能を持たせることができます。 [root@localhost]# yum …

NATとブリッジの違い

VMwareを使っていると、いつもネットワークアダプタの種類に翻弄されます(VM->設定->ネットワークアダプタ)。もういちいち調べるのは面倒なので覚書。NAT(Network Address Translation)は仮想のルーターを介して外部に接続するので、仮想マシンと物理マシ…

レコードの種類

DNSサーバーの設定ファイルに記述されるレコードには、以下の種類があります。 SOA (Start Of Authority) : ドメイン自体に関する情報 NS (Name Server) : 自分のドメインのDNSサーバーのホスト名、セカンダリDNSサーバーについても同様 A (internel Address…

正引きファイルの設定

基本的には一つの行に一つのレコード(RR:Resource Record)が書かれている。 localhost IN A 127.0.0.1 ;; ;; aliases for service ;; ns IN CNAME server smtp IN CNAME server pop IN CNAME server imap IN CNAME server ftp IN CNAME server www IN CNAME …

named.confの設定

// named.conf options { directory "/var/named"; //設定ファイルのあるディレクトリの絶対パス version "Unknown"; allow-transfer{ 000.000.000.000; //セカンダリーDNSサーバーのIPアドレス }; allow-query{ localhost; 000.000.000.000/28; //ネットワ…

BINDのインストール

LinuxシステムにおけるDNSサーバーの勉強をしていこうと思い、BIND(Berkeley Internet Name Domain)をインストールしてみました。ちなみにWindows系では、Windows DNS Serverがよく使われているようです。 $ yum install bindBINDの設定ファイルは大きく分け…

ファイアウォールの設定 iptables

root権限で設定を表示 & iptables -L ファイアウォールでDNSの通信を許可する $ iptables -I RH-Firewall-1-INPUT -p udp -m udp --dport domain -j ACCEPT $ iptanles -I RH-Firewall-1-INPUT -p tcp -m tcp --dport domain -j ACCEPT 設定を確認する $ ipt…

Windowsサーバーを使う

WindowsにはOSを購入すると、同時にIIS(Internet Information Server)と呼ばれるWindowsサーバーが付属してきます。しかし、デフォルトではインストールされていません。インストール方法は検索すれば直ぐにわかります。-> http://goo.gl/X45tインストールす…

SSHの設定

今回はVMware上centOSにリモートログイン出来るようにSSHの設定を行ないました。 SSHサーバーをインストールしていないときはまずインストール。 <Fedora, centOS> # yum install openssh-server <Ubuntu> #apt-get install openssh-serverそして以下のファイルを編集。 $ vi /etc/ss</ubuntu></fedora,>…